F-クロームが目にしみる『FinePix F30』

tosyokan_02
長かったはずのゴールデンウィークもあっという間に終盤を迎えてしまったが、気が付いてみれば休みのほとんどを家の片付けと酒とインターネットに費やしてしまったな。

それにずっと家にこもっていると運動不足なのか腰痛が悪化するね。もともと腰痛持ちだけど仕事をしている時のほうがマシだったような気がする。

なので今日は、あいにくの雨曇りだが外出してみることにしよう。

行先は近所の図書館。借りていた本の返却とインターネットで予約していた本を取りに行くためだ。

ついでに先日からの相棒『FinePix F30』も持ち出してみた。

このカメラ、長いこと「お蔵入り」になってたからほとんど使ってないんだよね。

取説なんて物も当然見たことなかったので、ウェブからpdfファイルをダウンロードしてみたよ。
FinePix F30 使用説明書:ソフトウエア取扱ガイド(インストールガイド)CD-ROMバージョンCX5.2a用含む(PDF:7.1MB)

目次を流し読みしていると、『F-モードメニュー(撮影)>色調を変更する(FinePixカラー)』という項目が目に入った。

『F-クローム』とは何ぞや?

F-クローム
コントラスト、色が強めに撮影されます。風景(青空や新緑)や花などがより鮮やかに撮影され、効果を発揮します。

「百聞は一見にしかず」だ。今日は『F-クローム』で撮ってみよう。

tosyokan_01

tosyokan_03

tosyokan_04
ひとことで言うと濃い。特に緑と赤が不自然なくらいに濃い。鮮やかすぎてちょっと怖いような気もするけど、嫌いな色でもないな。

常用していたら依存症になってしまいそうなので『飛び道具』として、しまっておこう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)