『FinePix F30』を持って出かけてみたらネコがいた

160502_02

猫は近寄らせてくれない

久しぶりに友達のお店へ寄る用事があったので、ついでに『FinePix F30』を持って出かけることにした。

そのココロは、これから挑戦しようとしている『フォトグラファーとしての目を養う7つのエクササイズ』のひとつ、『同じレンズ(焦点距離)で1000枚撮る』のノルマを少しでも稼ごうと思ってのこと。だから今日は広角側からピクリともズームを動かさない覚悟なのだ。

そんなことを考えながらお店に到着したら、さっそく被写体(野良猫)発見。

友達と挨拶もそこそこにF30で猫ちゃん『ロックオン』!!

160502_01
160502_05

液晶モニターでは明るく映っていたから、ここから露出補正で1/3段下げたのだが余計だったかも。

160502_03
160502_04
160502_06
160502_08

しかし野良猫は『イチゲン』のおやじをそう簡単には近寄らせてくれない。

「ズームが使えたら、もっと前後をボカシたアップの絵が撮れるのに」なんて思いながら、しばし猫ちゃんと鬼ごっこにふけっておりました。

日の丸構図

ところで今やろうとしているエクササイズの目的って、結局は構図なんだよね。

ビギナーにとって最大の関門は構図でしょう。光は物理学であり、カメラはただの機械に過ぎませんが、構図には容易に教えることができない芸術的要素が伴います。フォトグラファーが、自ら発見しなければなりません。

引用元:フォトグラファーとしての目を養う7つのエクササイズ

はっきり言って今まで構図なんて考えたこと無かった。とりあえずど真ん中に撮りたい物を持って来て、あとはピントが合ってればOK…みたいな感じ。

今日はそこを意識して出来るだけ『日の丸構図』にならないように心掛けていたんだけど、猫ちゃんを夢中で追っかけてるうちに、そんなことはすっかり忘れてしまってたよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)