カメラと暇な時間があるから写真を撮りたくなってしまったよ

20130917 003

下手の横好き、カメラ好き

もう10年以上も前になるけどデジタルカメラに熱中していた時期があって、そのころに買った古いコンデジが、今でも何台か残っているんだよね。

もともと「子供の成長の記録を残したい」と思ったのがデジタルカメラ購入の動機だったから、子供が大きくなるにつれ徐々に熱が冷めて行って、さらにiPhoneが手に入ると『カメラ専用機』の出番はますます減ってしまったのよ…

なんて、もっともらしい理由をつけてはみたけど、カメラに飽きた本当の理由は「ろくな写真が撮れなかった」ってこと。これに尽きるね。

センスがないのか、はたまた撮影技術が未熟なのか、たぶん両方なのだろうけど当時からカメラの設定は「手ぶれ補正」「連写」がデフォルトの『下手な鉄砲も数打ちゃ当たる』方式。

センスがないのは生まれつきにしても、機械まかせ・運まかせにシャッターを押すだけでは、いつまでたっても上達はしないよね。

エクササイズの環境は整っている

上手になるには写真に限らず何事も、それなりの練習と経験が必要なのは分かっているけど「それでメシを食おうってわけじゃなし、仕事が忙しくてカメラどころじゃない」ってのが、日ごろの自分への言い訳。

だけど今はゴールデンウィークの前半、気持ちと時間にも余裕がある…

何か良い練習方法はないかなと探していたら面白そうな記事を見つけたので、しばらくこれを試してみようと思う。

ところで持っているデジタルカメラの中で一番新しい(と言っても2008年発売)のが Panasonic Lumix DMC-FZ28

今でも行事なんかで年に2~3回は出番がある現役で、8年落ちの機種だけど使用頻度が少ないから外観、動作ともに状態は良好。

最近のコンデジに比べれば大柄なのは仕方ない。でも光学18倍ズームや、持っているデジタルカメラの中で唯一のSDカード対応機種だったりするので、いざ持ち出すとなれば、これ一択になってしまうんだよな。

けど、やっぱり普段持ち歩くのには大きすぎる。

連休で時間もあることだし、片付けも兼ねてカメラの整理をしてみるとするか。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)